福岡にインバウンド経済効果をもたらす中国人乗客のクルーズ船とは

福岡に爆買いにやってくるクルーズ船とは

インバウンドマーケティングに関心がある人は3000人以上の乗客を乗せたクルーズ船が日本へ寄港して経済効果をもたらしている話を聞いたことがあると思います。もちろん詳しい人もいると思いますが、詳しく知らない人のためにクルーズ船をチェックしていきましょう。

 

クルーズ船にはいろんな種類があります。飛鳥などの日本のクルーズ船もあります。中国人観光客を乗せたクルーズ船は外国船籍です。主にコスタ社やロイヤルカリビアン社が運行しています。

博多港にやってくるクルーズ船を徹底分析

乗客数

乗客は3000人以上でその乗客のお世話をするために乗務員も数百人乗船しています。乗務員の仕事も多岐にわたり、船を動かす人、料理をする人、ベッドメイキングをする人、記念写真を撮る人などが交代で働いています。ひとつの街が移動しているようです。

 

日本での寄港地

神戸や横浜も寄港するのですが、寄港数が多いのは九州です。理由は中国の上海や天津を出発した船は韓国の済州島に寄港し日本に寄って中国に帰るという3泊4日のコースが人気です。船なので距離が長いと時間が掛かります。そのため中国や韓国から近い福岡、長崎、鹿児島が選ばれています。

 

その中でも福岡の博多港への寄港数は多く、ショッピングとグルメと観光スポットのバランスがいいと評判です。寄港予定は福岡市港湾局のホームページでチェックできます。今年も多くの寄港予定があります。

 

クルーズ料金

意外と安いのが特徴です。シーズンや部屋のグレードにもよりますが、3泊4日で4万円前後からあります。この4万円前後には食費、部屋代、船での移動、プールやショータイムなどの無料エンターテイメントが含まれています。お酒やオプショナルツアーは別料金です。

 

年齢層

中国人観光客の年齢層は若いです。日本の豪華クルーズ船の飛鳥の年齢層が70歳前後に対して、日本に来ているクルーズ船に乗った中国人観光客の年齢層は40歳前後です。この40歳前後の人たちを中心にその子供や親など三世代で乗船していることも多いです。

 

クルーズ船の会社

主にコスタ社とロイヤルカリビアン社の2社です。どちらも同じくらい豪華な船です。何隻も豪華客船を所有しています。

インバウンドマーケティングも敵を知ることから始めよう

インバウンドマーケティングといいても、まずは敵を知ることも大事です。クルーズ船の乗客をターゲットにするなら船内でどう過ごしているか把握できると作戦も立てやすいはずです。

 

クルーズ船にはプールが付いています。プールはクルーズ船の目玉のひとつ。泳げる時期に寄港数が増えるのは当然のことですよね。夏に向け日本への寄港数が増えていきます。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る