宮島の鹿と大久野島のウサギ!広島の動物インバウンド集客成功事例

インバウンド観光客が喜ぶ日本のアニマル島

外国人のネット口コミで有名になっているアニマル島が瀬戸内海にあります。

 

紹介するのは二つとも広島県。外国人が殺到しています。

 

外国人が動物好きというよりも、インタネットのおかげで、動物好きの外国人がインターネットの動画や記事を見て反応しその人たちがやってきています。

 

なので動物好きが集まってきて和やかなムードも漂っています。この人たちがまた動画や写真を撮って世界の人が見て、世界の動物好きがこれからもやってくるはずです。

 

インターネットはインバウンド効果を加速させますね。瀬戸内海に浮かぶ二つの島を紹介します。

外国人に人気の世界遺産厳島神社のある宮島の鹿

宮島の鹿

ひとつ目は有名な世界遺産の厳島神社がある宮島です。宮島には鹿がいっぱい。わたしも鹿に追いかけられたことがあります。昼の鹿は観光客も多いのでいいのですが、夕方以降はちょっと恐かった思い出があります。でも外国人観光客のアニマル好きは「キャッキャキャッキャ」言ってさわいで楽しんでいました。

 

広島市内にはもうひとつの世界遺産の原爆ドームがあります。そことセットで1日で行くこともできるので交通アクセスも便利です。

外国人に人気の大久野島のうさぎの楽園

大久野島のウサギ

もうひとつはインバウンド観光に関係するようになって初めて知りました。同じ広島県の大久野島です。「ウサギの楽園」と呼ばれています。瀬戸内海に浮かぶ小さい島にたくさんのウサギがいます。野生です。ウサギ好きの外国人がこの小さな島に殺到しています。ここでこのウサギの楽園に関するよくある質問に答えていきます。わたしも最初は疑問でした。

 

ウサギの数は?

 

ちなみにウサギは羽(わ)で数えます。700羽いるという情報があります。

 

なぜうさぎがそんなに多いの?

 

小学校のウサギ8羽が昔はなたれて現在に至るという説が有力です。

 

ウサギは島のどこに住んでいるの?

 

島のあちこちに巣穴を掘って住んでいます。

 

島だからこその、ゆるやかな時間とおおらかな人に囲まれウサギが生息しています。動物園でもないのにこんなにウサギがいる場所が世界にあるのでしょうか?もしなければ世界のウサギ好きがこの大久野島を目指しても不思議ではありません。

 

野生というのもポイントで魅力を感じます。他の動物に攻撃されないのもこの島の独特の環境なのだと思います。

外国人の視点で有名になった大久野島のうさぎ

日本の魅力はさまざまです。どこを切り取っても日本です。しかしどこをクローズアップするかで日本の印象は変わってきます。ウサギの楽園で日本のイメージをつくるのもひとつの方法で、それもインバウンド観光マーケティングです。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る