白湯無料サービスでインバウンド集客!中国人爆買い前のおもてなし

中国人観光客を集客するには白湯が効果的

中国人観光客の集客競争も激しくなってきています。日本の販売店の価格競争も激しくなってきています。同じタイガーや象印の炊飯器を売るにしても商品は同じなので価格競争になっています。

 

価格以外の部分で集客になることがあればいいですよね。しかもお金をほとんど掛けずに集客する方法です。

 

中国人と日本人の文化の違いを上手く利用して中国にあって日本にない白湯(さゆ)サービスを行いましょう。

 

健康のために中国人は冷たいものを飲まず温かいものを飲む傾向にあります。白湯の集客は華人に効果的です。

中国で白湯の無料サービスは当たり前

中国に行くと白湯のサービスがあちこちであります。もちろん無料です。先日、上海浦東国際空港に行ったときも白湯のコーナーがありました。日本では冷水機がありますが、あの冷水機と同じ感覚で熱湯機があります。熱湯機というかどうかわかりませんが、冷水機に対して表現してみました。

 

日本で中国人観光客を見るとバッグに水筒を入れているのをよく見かけませんか。あれにお湯を入れて持ち歩くのです。かなりの確率で持っています。中国茶を入れる人もいますが、白湯が健康なことを歴史の中で知っています。

白湯から視点を動かしてみてわかること

ここで二つのことに注目してチェックしていきましょう。

 

中国人の見分け方
中国人が持っているボトルは日本では見かけないデザインです。この珍しいデザインとボトルを持っているかどうかで中国人だと見分けることができます。最近はおしゃれな人も多く顔は同じアジア系なので見分けがつかないことがあります。しかしこのボトルですぐわかります。

 

マグボトルが売れている理由
白湯を飲む文化がある中国人たちはもちろんマグボトルも興味があります。日本でもマグボトルと言えばタイガーか象印。もともと魔法瓶が社名に付くくらい専門性を持っています。炊飯器でタイガーと象印に対して信頼感を持っているので日本製のタイガーと象印のマグボトルに人気が集中しています。

白湯をキーワードにインバウンドマーケティング

中国人観光客を集客する提案です。

 

無料サービス

日本製のポット(保温用)と電気ケトル(すぐ沸くタイプ)を用意します。ここでどんどん白湯の無料サービスを行います。

 

実演販売

白湯の無料サービスと同時に日本製のポットと電気ケトルを販売します。無料サービスをしながら実演販売です。

 

マグボトル

そしてその横にタイガーと象印のマグボトルを置いておくと飛ぶように売れるはずです。

 

ポイント1だけでも集客効果があります。白湯の無料サービスを行って観光地を紹介したり、お土産のお菓子を販売したりすると効果的です。文化の違いをチェックして中国にあって日本にないものをサービスするインバウンドマーケティングです。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る