鰻のインバウンド集客力がすごい!日本を代表するグルメに

訪日外国人観光客に最近人気の日本料理は鰻

アジアの外国人に日本に来て食べたもので1番美味しかったものは何ですか?と聞くといろんな答えが返ってきます。昔は寿司やてんぷらでしたが、最近はそれに加えラーメンもランクインしてきました。

 

中国人をはじめ、韓国人、台湾人、香港人など最近多い答えがうなぎです。中国語で言うと鰻魚です。

 

台湾には肥前屋といううなぎ屋さんもあります。なぜ日本の鰻がそんなに人気なのかその理由を探ってみました。

鰻レシピをインバウンド観光で堪能する外国人観光客

韓国人と話していると、日本に来て食べたもので1番美味しかったのは何ですかと聞くと、しばらく考えたあと鰻(U-na-gi)と言いました。しばらくわたしは考えて、韓国にはうなぎ屋さんは無いんですか?と聞くと、あるけど味が違うのと言っていました。

 

ここでわかったのは、日本人が鰻を食べるときも味にこだわり、店にこだわり、鰻を食べるならあの店がいいと評判があります。その現象と同じように外国人もどうせ食べるなら美味しい店で食べたいと思っているのです。

 

鰻のレシピや調理にも日本の技術があります。江戸(東京)では背開きで天下の台所の大阪では腹開きです。鰻のレシピにも歴史を感じます。

 

外国人もここに目を付けました。

 

  • 日本の昔ながらの味付けレシピ
  • どうせ食べるなら老舗うなぎ屋
  • 日本の地域性も楽しめる鰻の食べ方

 

みんな鰻を食べて満足している様子でした。

鰻レシピとインバウンド観光が融合し訪日外国人を楽しませる

日本には同じ鰻でもいろいろな食べ方があります。

 

名古屋
名古屋にはひつまぶしという食べ方があります。1回目はそのまま食べて、2回目はネギなどの薬味を掛けて食べ、3回目はだし汁を掛けてお茶漬けで食べます。

 

福岡柳川
福岡の柳川には鰻のせいろ蒸しというレシピがあります。文字通りせいろで蒸された鰻がアツアツで出てきてはふはふしながら食べます。芋焼酎の黒霧島のCMに柳川の鰻のせいろ蒸しがあるので貼っておきます。

 

東京浅草
浅草を中心とした東京にも老舗のうなぎ屋さんはたくさんあります。白焼きというレシピもあります。タレではなくそのまま焼いてあります。

韓国人台湾人のフリー客に人気の日本の鰻

日本全国にはうなぎ屋さんがたくさんあります。その老舗へ外国人観光客が食事をしに行っています。

 

訪日外国人のインバウンド観光が老舗も視野に入ってきました。

 

日本人が美味しいと思うものは外国人も美味しいと思うんです。鰻の味は日本人も納得のレシピと昔ながらの食べ物です。これを外国人が見逃すわけがありません。

 

団体ツアー客はなかなか老舗うなぎ屋に行く時間も客席スペースもありません。お隣の韓国人、台湾人のく自由旅行のフリー客に人気です。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る