旅館の懐石料理がインバウンドの集客力に!世界遺産の和食を舌鼓

世界遺産にもなった和食がインバウンドの集客に

和食が世界遺産ということを知っていますか?ユネスコの無形文化遺産です。そのことを知ってか知らずか外国人たちに「日本で1番美味しかった食べ物は何?」とインタビューすると返ってくる答えに「か・い・せ・き」という答えが多くなってきました。

 

和食でもなく日本食でもなく「か・い・せ・き」と答えています。和風旅館の懐石料理が1番美味しかったし心に残っているそうです。これは世界遺産とも関係があるのだと思います。和食に世界遺産がクローズアップしたことにより説明もしやすくなり雑誌やインターネットにも掲載されています。

 

和食の魅力とは何なのか探っていきます。

外国人が和食が好きな4つのポイント

和食の魅力のポイントは世界遺産登録時も説明していた通り4つの大きな特徴があります。

 

食材
栄養
季節
行事

 

これはどれも外国人観光客にとっても魅力あるポイントなんです。

 

食材

日本の食材は外国人にとって魅力的であり安全というイメージもあります。日本は南北に長く、しかも島国で海にも面していて、山もあります。海外には無い食材もたくさんあるのです。ある香港人は「か・い・せ・ん」が美味しかったと言っていました。海鮮のことです。特に冬の日本の魚は身がしまって美味しいです。南国の魚とは違います。海外にない食材が注目され外国人の食欲に火をつけています。カニが人気があるのもこの理由です。

 

栄養

世界でも健康ブームです。そして世界でもダイエットブーム。和食は油が少なめで味を損なうことなく旨みを出しています。健康にもいいと世界でブームがおきています。

 

季節

日本には四季がありそのときどきで美味しい食べ物があります。その料理と同時に四季折々の風景や器やテーブルコーディネートで楽しむ心を持っています。味だけでなく目でも楽しむのが和食の特徴でもあります。

 

行事

日本には外国人が想像もしないような行事があり、その中でもちろん和食も必須のものとして扱われてきました。冠婚葬祭はもちろん、お正月、お盆などの年中行事。お祭りなど。その土地や家族と密接に関わる和食が振る舞われます。ホテルなど宿泊施設でも日本の年中行事に合わせた和食が提供され外国人観光客に人気です。

和食は日本を代表する文化のひとつ

外国人観光客にとって旅の醍醐味のひとつに食べることが大きく占めています。

 

その国に無い食材や料理方法を旅で楽しみたいのです。

 

日本では当たり前の料理でも外国人にはびっくりするような美味しい料理として受け入れられることもしばしばあります。

 

和食は日本の文化であり、外国人を最も魅了する代表的なものになってきました。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る