お正月はインバウンドおせちで外国人観光客をおもてなし集客

お正月に外国人に人気のインバウンドおせち料理

お正月も外国人観光客は日本へやってきます。中国では旧正月の春節が大型連休になりますが、この期間休みの人もいます。普段から曜日関係なくどんどん日本へ来ているのだから、お正月もやってきます。

 

お正月は日本文化を味わういい機会なので、この期間を狙って日本へ旅行する人もいます。初詣にいって聖地巡りをしたり、振り袖着物をレンタルして着てみたり。

 

そしてなんといっても1番の楽しみは日本の正月のおせち料理です。

お正月にインバウンドおせちを食べる方法

日本で正月におせちを食べるにはいろんな方法があります。正月に日本にいるからには必ず食べたいアイテムです。外国人の感嘆の声が聞こえてきそうです。

 

ホテル旅館のおせち

正月プランを設定しているところも多いはず。外国人観光客がこんなに来る前から正月はホテルにとってビジネスチャンスの時期なのです。今回は訪日外国人も多いので正月プランを日本人向けか外国人向けか迷っているホテルもあるかもしれません。プラン内容は外国人も日本らしいものを求めているはずです。対応やサービス遣り取りを外国人対応にするといいかもしれません。ホテルや旅館は当然のごとくおせちプランがあるはずです。

 

和食レストランのおせち

和食レストランも高級であれば高級であるほどおせちメニューを準備しています。ここで重要なのは以下のことをチェックしながらおせちをゲットしなければなりません。

 

  1. 数量限定
  2. 行列覚悟
  3. 営業日

 

おせちを食べようと思ったら上記のことをチェックしましょう。

 

おせちメニュは数量限定の場合が多いです。そしてこの数量限定のおせちを狙って行列ができること必至。お正月なので休みの可能性だってあります。老舗の和食をチェックしていても正月期間はいろんなハードルがいつもよりあるのです。

 

通販でおせち

日本人も通販でおせちを注文する人が増えてきました。それに伴いおせちの通販業界も充実してきました。価格競争も激しくなっているので、格安で豪華なおせちも出てきました。

 

これをホテルで食べる外国人も出てきました。通販なのでクレジットカード決済してホテルを届け先にする人も増えそうです。お正月に日本で必ずおせちを食べたい人にとってはいいアイデアです。

 

インバウンド業界でおせちを振る舞うところも出てきそうです。振る舞い酒がおいてあるところもあります。そこでおせちも少し提供するところもありそうです。高級店のVIP待遇に限られますが、VIP客は大喜びするでしょう。おせち以上のものをきっと買ってくれるに違いありあせん。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る