プレミアムアウトレットのインバウンド集客好調の6つ理由

プレミアムアウトレットに外国人観光客が集まる理由

訪日外国人観光客に「今日はどこに行きましたか?」と聞くと多くの答えの中にあるのがプレミアムアウトレット。

 

今回はインバウンド消費で好調なプレミアムアウトレットの人気の秘密に迫ってみたいと思います。

 

プレミアムアウトレットに何でそんなに人が集まるか理由はいくつかあります。この理由を分析し他の業態に当てはめてみるとそこにインバウンド消費の活路が見出すことができます。

 

どんなポイントがあるかチェックしていきましょう。

日本のどこにいくつプレミアムアウトレットがあるのか?

日本のどこにいくつプレミアムアウトレットがあるかというと、現在この9カ所です。

 

御殿場(静岡県)
りんくう(大阪府)
佐野(栃木県)
鳥栖(佐賀県)
土岐(岐阜県)
神戸三田(兵庫県)
仙台泉(宮城県)
あみ(茨城県)
酒々井(千葉県)

 

プレミアムアウトレットの母体のひとつは三菱地所。インバウンド集客のポイントは三菱地所の戦略でもあります。

プレミアムアウトレットのインバウンド集客のポイント

アクセス

共通しているのがどこのプレミアムアウトレットも都市部から少し離れた距離にあります。そしてどこも交通アクセスが便利な場所にあります。成田空港や関空から近かったり、高速道路の出口から近かったりします。

 

これが何を意味しているかというと、交通アクセスの面にばかり注目されますが、土地の安さも魅力なのです。支出が少ないので安定した利益が出て安定した経営がしやすくなります。

 

絶景

都市部から少し離れた場所で交通アクセスが便利な場所、そして立地を決める次のポイントが絶景です。都市部から離れているので絶景が望めます。御殿場プレミアムアウトレットは富士山観光を兼ねたインバウンド観光客に人気です。

 

多言語

webサイト、スマホサイトを多言語化するとともに、施設案内や電話通訳サービスも多言語をいち早く取り入れています。訪日外国人もほとんど人がスマホを持って旅行します。多言語サイトはインバウンドにおいて重要なポイントです。スタッフの多言語教育にも力を入れていて言葉の壁を越えた接客対応が好評です。

 

決済システム

銀聯カードの他に、自動外貨両替機が導入されました。せっかく買う気になっても決済に戸惑い顧客を逃すケースもあります。各国に対応した決済システムもポイントです。

 

免税手続きカウンター

各店舗で免税手続きをしていましたが、百貨店のように集中免税手続きカウンターができました。これで訪日外国人側は手続きがスムーズに行くメリットになり、販売側は接客に集中できるようになりました。

 

WiFi環境

買い物する人もいればそれを待っている家族もいるはず。そんなときに必要なのがWiFiです。無料WiFi環境を整備することにより、施設内での店舗検索、迷子防止、待ち合わせなどスムーズにいきます。

安さと品揃えもインバウンド観光客集客の大事なポイント

上記の環境が整っています。そして1番のポイントはなっといっても安さと品揃えです。外国人観光客が欲しい商品が揃っていてワクワクしています。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る