インバウンドで地方創生を成功させる3ステップ!SNS発信がポイント

地方創生をインバウンドと結びつけるコツ

外国人観光客が近年増加しています。これをチャンスと捉え地方創生と結びつける地方自治体も少なくありません。

 

地方創生加速化交付金という公的な交付金もあります。もちろん個人事業主が自力でインバウンドと地方創生を結びつけているところもあります。

 

これを客観的に見て分析すると成功するためにはシンプルな3ステップが浮かび上がってきました。意識するかしないかはそれぞれですが結果的にこの3ステップを踏んでいるところがほとんどです。

地方創生をインバウンド結びつける3つのポイント

ではインバウンドを材料にした地方創生を成功させるためのシンプルな3ステップをチェックしていきましょう。

 

地方の魅力を発見

何が魅力があるかここを知ることから始まります。ここで大事なことは独りよがりにならないことです。地方在住の日本人がいくら魅力があると思っても外国人には魅力に感じないこともあります。それとは逆に日本人にとっては特別なことではないのに外国人にとっては魅力的なこともあります。

 

重要なことは外国人にとって魅力ある地方の魅力を発見することです。

 

例を上げて説明していきましょう。

 

  • 例1.今まではただの踏切がスラムダンクに描かれたことにより聖地と呼ばれ外国人が来るようになった。
  • 例2.ただの田んぼだと思っていたものが棚田と夕日をセットでアピールすることにより絶景ポイントとなり写真を撮りたい外国人が来るようになった。
  • 例3.東南アジアで日本の果物が人気と聞いてフルーツ狩りをやるようになったら外国人で予約がいっぱいになった。

 

地方が持っている需要と要求を合わせることが何よりも重要です。

 

地方の魅力を発信

ではこの魅力をどうやって伝えていくかというと今の時代はインターネット。インターネットとひとくちに言っても方法はさまざまです。思いつく主なものを上げてみましょう。

 

サイトの多言語化


facebookで発信
ツイッターで発信
微博(中国版ツイッター)で発信
Instagramで発信
ブロガーに記事を書いてもらう
YouTubeで発信
ドローンで動画を撮影
などなど

 

ちょっと考えただけでもたくさんのことがあります。すべてをやるのは時間がいくらあっても足りないはず。仮にすべてをやったとしてもターゲットがぼやける可能性もあります。

 

ターゲットを絞り効果的なインターネットでの発信をしなければいけません。

 

例えば富士山の魅力だけでもたくさんの視点があります。

 

地方の魅力を継続

継続という視点がなければ地方に人材は育ちません。インバウンドを材料にした地方創生は継続の計画を折り込みましょう。例えばまずは外国人を受け入れ、その次にはその外国と経済の交流をするという目的があれば自然と語学も覚えるし、経済の交流ということは仕事もそこに生まれます。

 

これは地方自治体でも同じことが言えるし、個人事業としてゲストハウスをや経営していて外国人に人気の宿は自然と行っていることです。

 

継続という視点があるところこそ地方の魅力を発信し続けることができています。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る