桜の開花時期に合わせておもてなしインバウンド集客をしよう

外国人観光客が桜を連想して日本に来るまでの頭の中

外国人にとって桜は日本の象徴でありシンボルです。桜の時期に日本に行きたいと思う人も多いはず。すでに中国でも桜の見に行くツアーも発売されています。

 

インバウンド客の頭の中はこんな感じです。

 

  1. 最近みんな日本に行っているし、自分たちも日本に行きたいな。
  2. どうせ行くなら桜の季節にしよう。桜の季節でも買物できるだろ。
  3. どこの桜を見にいくかサイトをチェックしてみよう。

 

こんな考えから始まり、ツアーを予約したり、自分たちでホテルを予約したりするのです。

人気の桜前線とともにインバウンド商戦をつかむ方法

桜の開花日程は毎年違います。日本人は時期になると毎日ニュースで流れるのでわかりますが、もしもニュースで流れなかったら見逃すはず。例えば椿の開花とか気にならない人が多いかもしれませんが、いつなのかわかりませんよね。

 

ということで桜に関する情報を外国人に教えると、それは「おもてなし」になりインバウンドマーケティングとしても効果があります。喜ばせることがおもてなし、おもてなしがインバウンド効果へとつながっていきます。

 

ではどんな桜情報をインバウンド客は知りたいのかチェックしていきましょう。

 

開花時期

桜の開花は天候ににより日々変わります。そのときの情報をいち早くお伝えできればそれがおもてなしへとつながります。

 

開花場所

有名な場所は京都や東京の隅田川など、日本には無数の桜の名所があります。無名でも桜がきれいな場所や、桜を見たあとに買物が便利な場所などおすすめしたらいかがでしょう。上野で桜を見たあとに秋葉原でお買物というコースはすでにありそうですね。

 

桜と買物に便利なホテル情報

桜の時期にはホテルが予約でいっぱいになる地域もあります。特に京都は満室のところが多いです。そんなときに富裕層に料金が高くても空室状況を教えればそれだけで「おもてなし」になるはずです。

 

絶景の桜が見れる場所

日本に何度も来ているリピーターには絶景の桜をおすすめしたら喜ばれます。

 

例えば、温泉に浸かりながら富士山と桜が見える露天風呂とか。樹齢千年以上の桜の木を山深い秘境に見に行くツアーとか。

 

台湾人、香港人はリピーターが多いのでこんな秘境はきっと喜ぶはずです。

 

桜と一緒に食べたい料理とお酒

花より団子は万国共通。桜を見ながら老舗の鰻重を食べるとか。安部首相がオバマ大統領に贈ったことでも有名な日本酒の獺祭を飲みながら花見をするとか。桜だけではないおもてなしはきっと喜ばれるはずです。

インターネットでおもてなし内容を発信しよう

こんな情報をホテルのフロントで口頭でお伝えしてもいいのですが、インバウンドマーケティングの拡散を考えればインターネットでサイトを作ったらどんどん広がるはずです。いいサイトであれば口コミも広がるしfacebookやweiboでもシェアされるはずです。インターネットでおもてなし内容を発信しましょう。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る