インバウンド商戦で街角の外国人観光客を集客する驚きの作戦

街角の外国人観光客を集客する方法とは

外国人観光客向けのインバウンドマーケティングでお悩みのあなたへとっておきの成功する作戦を紹介します。実験もしました。効果抜群でした。とっつきにくいといわれる中国人にも効果的でした。

 

インバウンドマーケティングであれやこれや考える前に集客しないといけません。一般的な考えとしてこの3つの流れがあります。

 

集客
説明
販売

 

販売をするためには説明が必要で説明の前には集客が必要です。今回は街角の中国人観光客を集客する方法をクローズアップしていきます。

一般的なインバウンドマーケティングの集客方法

街角の中国人観光客を集客する方法で思いつくのがこの三つの方法です。

 

看板で集客
チラシで集客
サンプルで集客

 

看板よりもチラシ、チラシよりもサンプルの方が興味を示してくれます。しかしチラシ配りサンプル配りをやったことがあるあなたならもうおわかりと思いますが、なかなかもらってくれません。もらってくれたとしても効果があるのは極一部です。果たしてこれは経費に見合っているのかという問いも生まれます。

 

ハッキリ言ってよほどの有名な企業や魅力あるクーポン券がついてない限り集客にはつながりません。有名企業はこのクーポン券作戦が上手いので太刀打ちできず多勢に無勢で負けてしまいます。

道案内で驚きの外国人集客率を実証

しかし、策がないわけではありません。この作戦は数度の実体験に基づき検証済みです。その作戦とはこれです。

 

道案内作戦

 

なんだそんなことかと思った人もいるかもしれません。しかしこれが効果的なんんです。チラシをもらってくれないときも、サンプルさえももらってくれないときも、道案内した後にはチラシもサンプルももらってくれます。さらに話も聞いてくれます。しかも笑顔で聞いてくれます。

 

シンプルな作戦ですが効果があるんです。困った人を助けるというのは助ける方も気持ちがいいものです。商売の基本がここに詰まっているのかもしれませんね。

道案内で集客して商品を説明し販売するインバウンドマーケティング

この道案内作戦の後に、商品力や販売力の話になってきます。もちろん商品力がなければ道案内をして終わりです。しかし、道案内して集客のきっかけをつかめたら、次のステップの説明、販売に進めるのです。

 

道案内をするときは外国語の方が喜ばれます。さらに外国語だと競合他社を追い抜くことができます。日本語を話せる外国人は日本人に気軽に聞いているし、そもそも地図を見て道に迷いません。外国語しか話せないから道に迷っているのです。

 

新しい作戦を思いつきましたか?

 

街角で道案内付きクーポンチラシ配りなんてアルバイトが増えるかもしれませんね。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る