レジまわりの初級中国語単語!インバウンド中国人の接客が上手くいく

レジまわりの簡単中国語でインバウンド売上アップ

インバウンドマーケティングもいろんな視点がありますが、代表的なものはお買物です。中国人観光客が大量にお土産をシーンがニュースになったり、インターネットでもピックアップされたりします。

 

お買物の際、日本でも中国人スタッフが接客をしているところもあります。ここには問題点も潜んでいます。

 

  • 中国人スタッフの確保が難しい
  • せっかく日本に来たのだから日本人に接客してほしい
  • 中国人スタッフは中国語は話せるが商品知識が少ない

 

日本人スタッフも中国語を勉強したらいいのですが、今は目の前の中国人観光客をどうにかしないといけないので、そんな時間はありません。

 

現場を見ていて、レジまわりだけでも中国語で言えたら、レジに並んでいる中国人がスムーズに流れていき売上も上がるのではないかといつも思っています。

売上がアップするレジまわりの中国語単語10

時間を掛けて中国語学習をしたほうがいいのですが、そんな時間がない人のために選び抜いたのがこの10個の単語です。コツをつかんで最低限の時間で大きな効果が得られるはずです。

 

中国語(簡体字)
発音
日本語

 

多少钱

ドゥオシャオチエン?
いくら?

 

现金

シエンジン
現金

 

信用卡

シンヨンカー
クレジットカード

 

银联卡

インリエンカー
銀聯カード

 

请稍等

チンシャオドン
少々お待ちください

 

请排队

チンパイドゥイ
並んでください

 

请写

チンシエ
書いてください

 

这边

ゼイビエン
こちら

 

那边

ネイビエン
あちら

 

ハオ
グッド/OK

小さなお店もこれだけの中国語単語で売上アップ

レジがスムーズにいくと本当に売上は上がりますよ。だってそこに商品を買いたい中国人観光客が並んでいるのだから。百貨店や大きな店舗は当たり前のようにやっているかもしれません。しかし、小さなお土産もの屋さんはまだまだです。

 

海鮮を売っている小さなお店も、観光地の売店も、温泉宿の人も、道の駅の人も役に立つはずです。

 

  • 現金ですか?
  • クレジットカードですか?
  • 銀聯カードですか?

 

こんな場面をよく目にしました。何も言えないよりこのくらいは言えたら中国人スタッフをわざわざ呼ぶ必要もありません。

 

クレジットカードの場合、サインが必要です。「書いてください」というのも言えたらいいですよね。ペンを持って言ったら通じます。

 

なにかわからないことがあったら「少々お待ちください」と言いましょう。こんな場面も多いはず。これが言えればどんな場面でも対応できますね。

 

中国人は並ばないことでも有名です。日本のお客さんも混在していることも多く、ここはきちんと「並んでください」と言っていい場面です。ハッキリ言いましょう。

 

商品の売場や棚を聞かれて、商品名は英語だったり日本語だったりでわかることも多いと思います。しかし何と返事していいか困った経験もあるはず。「こちら」「あちら」でOKです。何も言わず、指だけ差すより親切です。

 

中国語で「好」はとても便利な単語です。GOODやOKの意味があり意味範囲が広いので使いやすいです。クレジットカードのサインをしてもらったら「好(ハオ)」でいいですし、銀聯カードを手渡されたときも「好(ハオ)」でスムーズにいきます。

 

簡単な中国語単語ばかりです。しかし、言えるようになれば売上は確実に上がるはずです。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る