インバウンド業界のホテル銘柄が急騰!集客が容易な理由とは

訪日外国人観光客増加で高まる日本のホテル事情

日本経済の最近の明暗はインバウンドに関係しているかいないかに影響されているようです。そのインバウンド業界の中でも今回はホテルに注目していきます。

 

海外から外国人が日本に来て日帰りが可能で、本当に日帰りするのは韓国人くらいかもしれません。釜山から福岡だと飛行機であっと言う間です。福岡と広島の距離とあまりかわりません。あと日本の宿泊しない訪日外国人といえばクルーズ船で来る外国人。クルーズ船で宿泊するので日本のホテルには泊まりません。

 

これを差し引いても、日本のホテルに泊まる外国人はたくさんいます。訪日外国人の増加にともない宿泊者数も増加してきました。

 

そこで困った問題が起きています。宿泊するホテルが足りないのです。今後も外国人観光客を増やそうと躍起になっていますが、宿泊するホテルの部屋数は十分ではありません。

 

ホテルが足りないということは集客が容易です。

 

ホテル業界の需要が高まっているのです。チェーン展開しているホテルは店舗数を増やしています。ホテル業界に新規参入するところも増えてきました。ホテル業界は需要の高まりによって株価も上昇しインバウンド銘柄の中でも優良株になってきました。

ホテル銘柄の株価が上昇している3つの理由

ホテル銘柄の株価が上昇している最近の業界の理由ととして3つあります。

 

都市部の稼働率

東京や大阪の稼働率は高く連日満室が続くことも多くあります。日本のサラリーマンの出張族もこの影響を受け出張日を変更することもあるそうです。お笑い芸人も最近ホテルの予約が取れないと言っているのをネットで見たこともあります。そのくらい高稼働率なので株価も上昇するわけです。

 

シンプルなサービス

今までのホテルは宴会場、結婚式、レストランなど、宿泊以外のことに時間も人件費も掛けてきました。今、伸びているホテルは宿泊のみのシンプルなサービスのところが伸びています。宿泊側もシンプルなサービスを求めているのです。宿泊のみに集中することができるので経費も節減でき利益も伸びています。

 

宣伝費

こんなにインターネットが普及する前は、ホテルの宣伝に費用が掛かっていました。費用を掛けないと宿泊したい人が知る手段が無かったからです。しかし今はインターネットの時代。インターネットで予約し、インターネットで決済します。代表的なのは日本国内だと楽天やじゃらんです。世界で有名なのはBooking.com‎やHotels.comです。日本語でも予約できるし、外国人も外国語で日本のホテルを予約できます。例えば中国人が中国語で日本のホテルを予約しクレジットカード決済が簡単にできるのです。便利な世の中です。今までの広告費に比べると費用は少なくてすみます。

インバウンドの影響でホテル業界の未来は明るい

インバウンド観光客のおかげでホテル業界の銘柄が伸びています。訪日外国人観光客数とともに明るい話題になるはずです。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る