ゲームセンターのタイトーの外国人インバウンド集客まとめ

タイトーのゲームセンターのインバウンド集客

都会の街を歩いていると目に飛び込んでくるTAITOの文字。

 

みなさんご存知のゲームセンターです。秋葉原にも新宿にも渋谷にも、主な繁華街のあちこちにあります。大人のみなさんはもうゲーセンなんて行かないよという人も多いかもしれません。

 

しかし今回はインバウンドの目線でタイトーの外国人の対応の戦略を見ていきましょう。

 

UFOキャッチャーで手に入れたぬいぐるみを大事に持って帰る外国人観光客を空港の国際線で見かけたことがある人も多いはずです。

タイトーのゲーセンのインバウンド集客の5つのポイント

外国人にとってゲームセンターが人気があるのと同時に、タイトーは外国人が遊びやすいようにインバウンド戦略をとってきました。その戦略をチェックしていきましょう。

 

多言語ホームページ

英語、中国語、韓国語に対応したホームページがあります。これで店舗検索も自由自在です。今いる場所から行けるタイトーステーションをすぐに探すことができます。おすすめ情報や新着情報もこれでチェックできます。

 

銀聯カードやクレジットカードの利用

日本円を持っていなくても銀聯カードやクレジットカードでメダルゲームを遊べるようなシステムが整っています。

 

フリーWiFi

遊んでいるところを写真に撮ってすぐにSNSにアップしたいのは外国人も同じです。フリーWiFiの導入によりストレスなくSNSを使用できます。SNSにアップされた風景は拡散され宣伝効果も大きいのです。

 

3カ国語対応

店内放送、ポスター、POP、ホームページは英語、中国語、韓国語の3カ国語対応になっています。タイ人やインドネシア人も増加していますが、英語の対応でカバーできています。言葉が理解できると安心して遊ぶことができます。

 

外貨自動両替機

業界初。秋葉原に設置してあります。米ドル、ユーロ、中国元、台湾ドル、香港ドル、韓国ウォン、タイバーツに対応。外国人観光客の多くの国をカバーしています。これで外国の現金が日本円に時間を気にせず両替できます。人件費も掛からないのでこれから増えていく可能性があります。海外に旅行に行った日本人もタイトーステーションに来る可能性も見込んでいるとのことです。

円安と日本の技術がタイトーのインバウンド戦略の追い風に

ゲーセンは外国人観光客に確かに人気があるスポットのひとつです。

 

旅行なので心も財布の紐もふわふわしているのです。楽しむことが旅行の目的のひとつならゲームセンターは格好の場所です。ここでももちろん円安の影響で遊びやすくなっています。そして日本の技術であるゲームが外国人に喜ばれています。円安と日本の技術というキーワードは他のものと同じです。ゲームセンターも日本らしさのひとつとして活躍しています。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る