とんかつがインバウンドで人気がある理由!熊本の勝烈亭の場合

インバウンド観光客にとんかつが人気

インバウンド外国人観光客(日本に来る外国人)に日本で1番好きな食べ物は何ですかと聞くととんかつという答えが返ってくる頻度が多くなっています。最初は外国にも豚肉はあるし、なぜ「とんかつ」なのか。

 

とんかつの調理法が独特で外国には無く、日本人は気付いてないけど日本らしい料理として外国人に見えています。日本人にも美味しいものは外国人にも美味しいということですね。

 

特にアジアの台湾人香港人のフリーの自由旅行の観光客がお目当てのとんかつ屋に行っています。

熊本と勝烈亭のとんかつと台湾人ブログの関係

とんかつがインバウンド外国人観光客に人気の流れをチェックしていきましょう。

 

ブログ

ある外国人がとんかつを食べて「こんなに美味しいものは初めて食べた。この店のとんかつは本当に美味しいよ」とブログにアップします。それを見た外国人は「行きたい!」という気持ちになります。そして実際に行くんです。

 

発見

日本語のブログをチェックする人もいますが、外国人が書いた外国語のブログをチェックする人が多いです。日本に来る人がみんな日本語を話せるわけではありません。ブログの日本語の文章なんて読めない人の方が多いのです。写真と星の数(評価)はわかるのでその程度はチェックします。実際に台湾人の中国語の記事を見たことがあります。

 

人気

記事を見た台湾人が実際に熊本に行き、またインタネットで話題が拡散されます。この拡散が拡散を呼び外国人観光客に人気の店となります。なぜ人気があるのかなと思えばこんな流れがある場合が多いのです。

とんかつが日本のおもてなし文化と円安の追風で人気

この流れの深いところには日本のおもてなし文化と円安が関係しています。

 

おもてなし文化

とんかつを食べるときって、なぜか店員さんは和服のことが多いですよね。この和服も外国人に人気です。店内のインテリアも和風です。日本らしさがあります。明治以降に洋風を和風に仕上げた日本らしさがここに集結していると思います。もともと肉を食べる文化がなかった日本に定着したとんかつ文化は外国人から見ると魅力的に見えるのかもしれません。

 

円安

なんだかんだいって円安は大きく影響しています。ランチでも1食1500円前後します。日本人はだんだんこの価格帯のランチを食べなくなりました。今の1500円は外国人にとって円安の影響で数年前の1500円の感覚ではなく割安感があります。この円安が追風になってとんかつ屋に外国人観光客が来ています。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る