銀座の高級ブランドストリートで中国人観光客が爆買いする光と影

中国人の人気観光買い物スポットの東京銀座での問題

東京の銀座を歩くとここは中国かと思うほど中国人観光客で溢れています。

 

中国人に人気のスポットで、たくさんの観光客が来ています。

 

中国人にとっても銀座は憧れの街です。そして買い物するには便利な街です。高級ブランド店もあればユニクロやH&Mの手頃な価格の店もあります。そして人気のラオックスもドンキホーテもあります。1度に多くのお店を訪問することができます。

 

では、中国人観光客が銀座に多く来るのはいいことばかりなのでしょうか。

中国人観光客に人気の銀座で起きている光と影の問題

中国人観光客が銀座に来ることによる光と影があります。

 

光(メリット)

銀座も商業の街なので売上が上がった方がいいのは言うまでもありません。もしも中国人観光客がここまで多く来てなかったら日本経済、銀座経済が沈んだままだったかもしれません。これは予想の話なので中国人が来なかったことなんてはっきりわかりませんが、売上が上がっているのは事実です。

 

影(デメリット)

やはり中国人に対する日本人の印象があまりよくありません。マナーや文化の問題です。中国の文化と日本の文化の違いがあって当たり前です。どちらがいいということは世界的に見ればありません。しかし銀座は日本なので、銀座の良さを提供するにはある程度日本のマナーや文化が必要です。ゴミ問題やドタキャン問題、交通渋滞など。

 

光と影は何事も背中合わせです。上手く折り合って共存していくことが銀座の発展にもつながり、中国人観光客も喜ぶんだと思います。

銀座の問題を日本の地方の田舎町から見るとまた違って見える

訪日外国人の増加で銀座がクローズアップされることが多いですが、人が来て悩むのはいい悩みかもしれません。文化の違いやマナーの悪さがあっても改善できる部分もあります。

 

銀座以外の日本の地方の田舎町にはシャッター街と呼ばれる死にそうな街もあります。その人たちから見たら銀座の悩みは羨ましい悩みです。

 

中国人観光客も日本が好きだけど、シャッター街には行きません。日本全体で考えればまた違った陰が見えてきます。

 

田舎町に外国人観光客が行かないと言っても、これももっと大きくみると、陽の要素も含んでいます。日本以外の外国には魅力を感じずいくら誘致活動をしても行かない国もあります。

 

今は日本の地方空港にもたくさんの外国からの飛行機が離着陸するようになりました。チャンスは広がっています。

こだわりと柔軟さのインバウンドマーケティングが必要

中国人観光客が激増する銀座の問題から応用するといろんな問題が見えてきます。改善すべきところや、チャンスも見えてきます。

 

中国人観光客という視点で光と影を3つにマーケティング分析してみましょう。

 

  • 銀座の光と影
  • 地方の光と影
  • 日本の光と影

 

重要なのは「こだわり」と「柔軟さ」のバランスです。インバウンドマーケティングもこだわりと柔軟さが必要です。銀座の街から見えたお土産マーケティングでした。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る