外国人個人旅行客に人気のある東京の日本らしいガラパゴス集客スポット

普通の日本を体験したい外国人個人旅行客

秋葉原や銀座にもたくさんの外国人観光客がたくさんいますが、意外な場所にも外国人観光客が押し寄せています。リピーターや本当の日本を知りたい人は口々にこう言います。「外国人観光客がいない場所を教えて」「普通の日本が見たい!体験したい!」など。

 

ガイドブックに載っているところだけではなく、本当にこの不思議な日本を感じたいと思っています。日本人にとって当たり前のことでも外国人にとっては不思議なことはたくさんありそれが思い出になると言っています。

外国人が感じる日本らしい意外な東京の5つのスポット

外国人に人気のある東京の5つのスポットを紹介します。東京じゃなくてもあるものもありますが、成田空港に降り立った外国人観光客がすぐに東京でこれらを体験することを楽しみにしているので東京の5つのスポットとしました。

 

床屋さん

意外や意外、理髪店が人気です。日本ではどこにでもある床屋さんですが、外国人から見ると顔剃りがとても気持ちよく日本ならではの技術だと言っています。リピーターになってお土産まで持ってくる人もいるそうです。

 

銭湯

外国の公衆浴場は水着着用のところがほとんどです。お隣りの台湾の温泉も水着着用でした。日本の銭湯で水着なんて着たら怒られます。こんな日本では当たり前のことが外国では奇異に思われ、奇異に思えば思うほど体験してみたくなります。500円以下で体験できるアトラクションと考えている外国人も多いんです。

 

立ち呑み屋さん

懐石料理や和牛も人気ですが、立ち呑み屋さんも外国人にはブームです。新宿の思い出横丁に行き日本の一般的なサラリーマンと交流するのが楽しみな外国人も増えてきました。日本のサラリーマンも外国人にとっては日本文化のひとつです。

 

路線バス

目的地に行くわけでもないのに路線バスに乗り日本の普通の生活は映画のように楽しむ外国人がいます。ランドセルを背負った小学生や制服の高校生は外国人にとって日本らしい風景となって映っています。自分が実写版の映画の中にいるようだと言っています。

 

安宿

ゲストハウス、旅館、カプセルホテルに宿泊する外国人が増えています。お金持ちの外国人でもこの安宿をあえて選ぶ人も増えています。その理由は交流があったり、自分の国にないカプセルホテルの形態であったりします。特に飾らない交流で人気がある東京の旅館もあります。外国人だからと言って特別扱いしないところがいいそうです。

ガラパゴス日本が外国人に注目されている

THE観光地というところも外国人は多くいますが、こんな意外なスポットにも外国人は興味を示しています。これは日本がいい意味でグローバル化せず、鎖国しているかのような、ガラパゴス携帯のような国であるからこそ注目されているのです。

 

世界に合わせるだけでなくガラパゴスも立派な観光資源になるということです。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る