おもてなしが半端ない日本の床屋!銀座マツナガのインバウンド集客成功事例

外国人に人気のおもてなしパラダイスの日本の床屋

外国人に日本の床屋が人気です。

 

日本人にとっては何の変哲もない床屋ですが、外国人からするとそこはパラダイス。

 

外国にこんな半端ないサービスが無いんです。

 

ここはこれから日本人が目をつけるべきところです。日本人にとっては普通のことで外国人にとっては自国には無いもの、それは日本らしさに変化していきます。

 

今回は床屋をピックアップしますが、同じ視点で見ればまだまだ外国人が喜ぶ日本の良さは見つかるはずです。

 

まずは日本の床屋の外国人の口コミを紹介していきます。

外国人観光客の日本の床屋の口コミ

最初は外国人がおおげさに言っているだけかと思っていましたが、本気で日本の床屋をすごいと思っています。アピールしだいでは観光資源になるはずです。外国人の床屋の口コミです。

 

  • まるでオペ(手術)をしてもらっているみたいだ。
  • 髪を切るだけじゃなくあらゆるサービスに驚いた。
  • ひとつひとつのクオリティが高すぎる。
  • 髭剃りをしてもらっているときは王様になった気分だ。
  • アメリカだったら100ドル相当のサービスだね。
  • 人生で最高のシャンプーだった。

外国人に人気がある床屋の3つのポイント

日本の理容のポイントは大きく3つ。これは日本人でも外国人でも同じです。同じだからこそ外国人にも人気です。

 

散髪

髪を切ることは当たり前なのですが、あらゆるハサミを駆使して髪を切ります。外国では5で終了するところもあります。日本でもクイックカットは流行ですが、理容店は理容店の良さがあります。クイックカットにはないスッキリ感が床屋にはあります。

 

サービス

髪を切るだけではないのが床屋。代表的なのが髭剃りです。床屋で髭を剃るのは当たり前と日本人は思っていますが外国人にとっては当たり前ではないのです。蒸しタオルを顔にのせ髭を蒸らしてから剃っていくあのプロフェッショナルな手捌きは外国人はまるで手術レベルの専門性を感じています。

 

おもてなし

髪を切ってシャンプーをして髭を剃って、さらに耳かきと肩もみまでしてくれます。女性のリラクゼーションサロンはありますが、それに匹敵する男性バージョンかもしれません。床屋だけ見てもこんな完璧なサービスをする日本はほかのことに関してもサービスがステキに見えるそうです。感動した外国人がリピーターとなって手土産まで持っていくこともあるのだとか。

銀座マツナガを筆頭とした日本の床屋の実力

東京銀座の高級理容店の銀座マツナガがマスコミで話題に上がりますが、ここを筆頭に日本の床屋は全国にあります。しかも日本の床屋のすごいところはある一定の技術はどこの床屋にいってもあって、素晴らしいサービスを受け取ることができるということです。これから外国人が日本の地方の床屋に行く時代が来るかもしれません。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る