羽田空港の京急インバウンドおもてなしサービス!集客アップ戦略

京急のインバウンドおもてなしサービスとは

みなさんご存知の京急。

 

多くの人が利用していると思います。外国人観光客は成田空港と羽田空港を結ぶ路線なので利用もするし必要な路線です。

 

この京急のインバウンドおもてなしが最近注目を浴びています。外国人のニーズをキャッチし、外国人が求めるサービスを展開しています。外国人にとってストライクゾーンど真ん中なのでビジネスとしてもいい仕組みができています。

 

そんな京浜急行電鉄のインバウンドおもてなしを検証していきましょう。

羽田空港の京急の店舗売れ筋商品

売れ筋商品

京急はフットワークが軽いのか、すぐにいいものを取り入れます。外国人のニーズをキャッチして売れ筋商品を京急の店舗で販売しています。観光客からするとどこで買っても商品の品質は同じなのです。そこが日本に安心でいいところですよね。粗悪品はほとんどありません。京急の強みは飛行機に乗る帰る際に購入できるところです。荷物に;なりません。

 

どんな売れ筋商品を取り揃えているかというと、こんな商品です。

 

  • カルビーポテトチップスしあわせバター
  • 美白化粧水
  • 熱さまシート
  • マグボトル
  • 高級炊飯器

 

こんな感じで売れ筋商品情報をキャッチしたらすぐに店舗で販売できるよにしています。これはコンビニにはこんな商品はないよなという常識を打ち破った商品もあります。そこがニーズのキャッチが上手なところです。

羽田空港の京急のインバウンド対応した店舗がすばらしい

出店店舗

京急に大きなショッピングモールが羽田空港内にあるわけではありません。しかしこれも外国人の心をつかんだ最小限のスペースで最大の満足をあたえる店舗選びをしています。これが出店店舗のラインナップです。

 

  • セブンイレブン
  • マツモトキヨシ

 

どうでしょうか?必要最低限で最大の売上が上がりそうでしょ。しかも免税品の予約販売にも着手しています。今年トライアル期間を設け来年からの本格開始を計画中です。重いお土産を持ち歩きながら観光するのは大変です。予約しておけば帰りに持ち帰ることができます。炊飯器などとくに大きいものは助かりますよね。観光客のニーズにバッチリ対応しています。

京急はホテルのようなおもてなしコンシェルジュが対応

おもてなしコンシェルジュ

京急の強みはこのおもてなしコンシェルジュにもあります。例えば、外国から初めて日本に来たら成田空港と羽田空港ってすごく近いイメージで来る人が多いんです。成田空港に着いて羽田空港で日本の国内線に乗り換える人とか。その逆の帰りも同じことが起きています。

 

これを外国語対応してしっかりと京急の到着時間まで教えてくれるのです。知らない外国で途方に暮れる国も多くあります。これは心強いサービスです。もうこのサービスを受けたら他の交通機関の選択はなくなり京急に乗っちゃうはずです。

 

その他、スマホのSIMサービスの説明も。外国人にとっては普通となっているSIMカードも日本ではまだ複雑な設定だったりします。料金体系など説明があると本当に助かります。

これからの京急のインバウンド集客アップ戦略に注目

京急は台湾鉄道とも提携しこれからコラボ企画も打ち出す予定。ホテルのようなおもてなしサービスを目指している京急のインバウンドマーケティングがこれからも楽しみです。

ゼロから中国語をマスターする3つの方法
インバウンドの現場で活躍する中国語。身につけておいて損はありません。今すぐ行動しよう!
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強
トップへ戻る